腱鞘炎から脱却!

1.腱鞘炎の種類

腱鞘炎は、正式名称を

狭窄性(きょうさくせい)腱鞘炎といいます。

発症部位により色々な病名がありますが、
次の2つが代表的な腱鞘炎です。

「ドゥケルバン腱鞘炎」・・・・・親指側の手首に痛みを発症


「ばね指」・・・・・・・・・・・掌側の指の付根に痛みを発症

年間約20万人が発症する腱鞘炎患者の大半が
この2つのどちらかに当てはまります。

2.腱・腱鞘・じん帯




                        


腱とは?・・・・・・・関節を曲げるために、筋肉が働く力を指先まで伝える、紐のような
           役割をします。
           短母指伸筋腱……..親指を伸ばす働きを担う
           長母指外転筋腱…..親指を広げる働きを担う

腱鞘とは?・・・・・腱が切れないよう腱を覆うカバーで、腱と骨がこすれやすい場所にあります。
          
じん帯とは?・・・・腱及び腱鞘が前後左右に動かないように固定する、トンネルです。

腱鞘炎とは、名前の通り、腱鞘が何らかの原因で炎症を起こす病気です。

炎症を起すと、腱が腱鞘の中でスムーズに動かなくなります。

腱鞘が瘤のようになると、じん帯を通らなくなり指が曲がらなくなります。

banner


サブコンテンツ

このページの先頭へ