腱鞘炎の薬物療法


1.ステロイド注射

ステロイド剤はアトピーの外用薬や花粉症の筋肉注射ではお馴染みです。

腱鞘炎にもこのステロイド注射が効果的です。

ステロイドとは副腎皮質ステロイドホルモンといい、
人間の体の中ににあるホルモンを化学的に合成し、その効果を強力にしたものです。

ステロイドの効用は、強力な抗炎症作用免疫抑制作用です。

ですから、腱鞘炎自体炎症は抑えられるものの、免疫力が低下し
ホルモンバランスが崩れるといった重大な副作用も起します。

即効性があり効果が高いステロイドは、短期間で症状の改善が見込めます。

一日も早く改善したい場合などには良いのかも知れません。

ただステロイド注射の場合、腱と腱鞘の間に確実に注射されないと
効果があまり期待できません。

副作用の問題を含め、適切に指導・管理・治療してくれる医師の存在が
重要となります。

 

2.外用薬・内服薬

腱鞘炎の外用薬として、インドメタシンやフェルビナクなどが効果的です。
モーラステープ(要処方箋)は代表的な湿布薬です。

また、内服薬としては、ロキソニン、ボルタレン等
非ステロイド系消炎鎮痛剤が処方されます。

しかし、これらの薬は炎症を抑制するためのもので
痛みの原因を取り除くものではありません

初期の腱鞘炎には有効ですが、症状が進んでいる場合
その効果はあまり期待できません。

腱鞘炎で手術はイヤ、という方の自宅で腱鞘炎克服法

banner

サブコンテンツ

このページの先頭へ