ゴルフ腱鞘炎

1.プロゴルファーが腱鞘炎にならないワケ

長年第一線で活躍するプロゴルファー。

なぜ、腱鞘炎にならないのでしょうか?

答は簡単、上手だからです。

人はスイングの中心を維持しながらボールを打とうとします。

中心の軸がブレるとコントロールが乱れ、真っ直ぐ飛ばず、
また、飛距離も落ちてしまいます。

だから、体がブレないように、中心軸を維持するために、
ついクラブを握る腕や手首に力が入ります。

本来ならば、ボールに100%伝えなければならないインパクトの瞬間に
手首や掌、肘にガツンと跳ね返ってくるのです。

手や手首、肘の関節が凝り固まった態勢で、
瞬間的に脳天を突き抜ける強烈な衝撃が…….

さらに練習場ならマットの下は硬いコンクリート

思いっきりダフる……..

これで、掌や手首が無事でいられるハズがありません。

常に中心軸がブレず、クラブの芯でボールを捉えることができれば
腱鞘炎になることは、まずありません。

上手くなれば腱鞘炎にはなりにくいのです。

だからといって、いきなりシングルにはなれません。

せめて腱鞘炎にならないように心がけることが重要です。

2.ゴルフ腱鞘炎の種類と症状

①ドゥケルバン腱鞘炎
  インパクトの瞬間に手首に負担がかかるようなスイングを
  続けることで発症します。
  (ドゥケルバン病の詳細はコチラ

②ばね指
  グリップを強く握り、ボールを数多く打つと
  インパクトの衝撃でばね指になることがあります。
  (ばね指の詳細はコチラ

3.腱鞘炎予防のスイングとは

練習場での自己流練習過多がほとんどの原因といえます。

グリップを握る際は

タオルを優しく絞るように…
手の中で小鳥を抱くように…
グリップにタオルを巻いて握る
スポンジボールを打つように軽くスイングする

また、握力を鍛えることも腱鞘炎の予防につながります。

握力の強い人は、それだけ手や手首に負担がかからないからです。

4.プレー後のケア

①痛みや腫れがあるときには患部をピンポイントで冷やす(周囲は冷やさない)

②痛みが取れたら、ぬるま湯程度の温度でじっくりと温める

③同時に、正しい方法でマッサージする

④マッサージ後、温シップ等で患部を温め続ける(血液循環のため)

⑤痛みが取れても、継続してケアする

痛いときは安静が一番、使ってはいけません。

ゴルフなどもってのほかです。

クラブが握れないほど痛くなれば
日常生活にも支障を来たすことになります。

腱鞘炎を甘く見てはいけません。

腱鞘炎で手術はイヤ、という方の自宅で腱鞘炎克服法

banner

“ゴルフ腱鞘炎” への2件のフィードバック

  1. payday loans より:

    fast advance america cash advance

    Visit my site and get fast advance america cash advance

  2. fut 14 coins pc より:

    safe power leveling and gold

    Many thanks

サブコンテンツ

このページの先頭へ